714円 【送料無料】 5Xミニエッセンシャルオイルボトルペンダント香水ネックレスブーツ 美容・コスメ・香水 美顔器・スチーマー 美顔器 その他 714円 【送料無料】 5Xミニエッセンシャルオイルボトルペンダント香水ネックレスブーツ 美容・コスメ・香水 美顔器・スチーマー 美顔器 その他 新作からSALEアイテム等お得な商品 満載 送料無料 5Xミニエッセンシャルオイルボトルペンダント香水ネックレスブーツ 新作からSALEアイテム等お得な商品 満載 送料無料 5Xミニエッセンシャルオイルボトルペンダント香水ネックレスブーツ /jellylike139685.html,美容・コスメ・香水 , 美顔器・スチーマー , 美顔器 , その他,【送料無料】,www.autoescuela-a52.es,5Xミニエッセンシャルオイルボトルペンダント香水ネックレスブーツ,714円 /jellylike139685.html,美容・コスメ・香水 , 美顔器・スチーマー , 美顔器 , その他,【送料無料】,www.autoescuela-a52.es,5Xミニエッセンシャルオイルボトルペンダント香水ネックレスブーツ,714円

新作からSALEアイテム等お得な商品 満載 送料無料 即出荷 5Xミニエッセンシャルオイルボトルペンダント香水ネックレスブーツ

【送料無料】 5Xミニエッセンシャルオイルボトルペンダント香水ネックレスブーツ

714円

【送料無料】 5Xミニエッセンシャルオイルボトルペンダント香水ネックレスブーツ

















説明:

絶妙にスタイリッシュなペンダント。軽くて着心地が良い。あなた自身、友人または家族への完璧な贈り物。
エッセンシャルオイル、フレグランスオイル、または香水をペンダントボトルの中に入れ、アロマテラピーをキャップから放出して、を和らげます。
身につけられるエッセンシャルオイルディフューザーペンダント、便利で健康的で格好良い。軽いアロマの香りを放ち、いつでも使えるお気に入りのエッセンシャルオイルを数滴保存します!

仕様:

数量:5個
素材:ガラス瓶
容量:1.5ML
サイズ:約。ペンダントHxW2.6x2.3cm / 1.0x0.9inch
キャリバー0.6cm / 0.24inch
五芒星、花、XOボトル、ブーツ、円、偏平、湾曲した先端、ポジティブな先端、ハート型、正方形

パッケージに含まれるもの:

5個のエッセンシャルオイルボトルネックレス

注意:

おかげで、手動測定による0-1cmの誤差を許容してください。





【送料無料】 5Xミニエッセンシャルオイルボトルペンダント香水ネックレスブーツ

好き嫌いが多い子どもの援助2021/09/07

食事の指導で迷っているという保育者にお勧めしている本があります。

クレア・ルウェリン、ヘイリー・サイラッド「人生で一番大事な1000日の食事」ダイアモンド社 2019


子どもの食事についての様々な研究が紹介されています。

たとえば、

・子どもは「甘い物は栄養がある」と認識するために好きであり、「苦い物は毒がある」と認識するために、苦みのある野菜を嫌う。

・子どもは、生まれつき小食の子どもとたくさん食べる子どもがいる。食事量は子どもにより異なる。

子どもにプレッシャーをかけると、食事量は減り、好き嫌いが増える。子どもに強要しない食事指導は、科学的な指導である。


7月にある園の研究発表を聞きました。

食欲が薄い子どもへの働きかけで子どもが変わったという実践です。

その内容は、遊びや生活全体を通して、

食事への関心を促し、食事の意欲を改善するものでした。

食事の環境の改善や、野菜づくり、食に関する多様な教材研究が紹介されていました。


この実践を聞いて、上の図が浮かびました。

優れた保育者は、子どもを変えようとするのではなく、

食事の環境や関わり、教材、遊びなど、自らの保育を変えようとする。




もしも、保育者が子どもが食べないことにこだわり、

子どもを変えようとしたならば、

子どもは自分のネガティブな部分によけいにこだわるようになるでしょう。



また食の意欲は、自律神経に影響を及ぼす生活全体の現れです。

自律神経が機能していないと、食欲はわきません。

日中、光を浴び、走り回り、声を出して笑い、じゃれつきあい、

いきいきと心と体を動かす生活をする

保育者は、そういった生活全体で食の意欲を支えます。




食事場面の「指導」だけで、子どもの食の意欲を引き出すことには限界があります。

まずは、その子どもへのまなざしを変えることからはじめてみましょう。


「改訂保育者の関わりの理論と実践~保育の専門性に基づいて」郁洋舎2021 p44より



不安のコントロール2021/08/20

夏の実習がはじまりました。
実習は、不安との戦いですね。
いまだに授業で緊張する私には、学生の緊張が痛いほど分かります。
不安もちの私が、不安をコントロールするためにやっていることを書いてみますね。

【不安をコントロールするためにやっていること】
1 早く寝る
夜はできるだけ早く寝て、早朝に起きて仕事をします。
負の感情のコントロールには、寝るのが一番です。

2 太陽の光を浴びる
遮光カーテンを使わずに朝日で起きます。
朝も日中も太陽の光を適度に浴びます。

3 明るい音楽、元気が出る音楽をかける
音楽は、気分のコントロールに最適です。
朝は、ユーチューブで「元気が出る曲」をかけ、
夜はリラクゼーションの音楽をかけることが多いです。

4 動く、笑う、話す
動きながら落ち込むのは難しいので、動きます。
笑いながら落ち込めないので、気分が落ち込んだら口角を上げます。
オンラインでも家族や友人と話すと気持ちが楽になりますね。

5 甘い物やお菓子はちょっとだけ
私はお腹が空いたり甘い物を食べたりするとイライラする体質なので、
甘くて美味しい物は、ちょっとだけ食べます。

6 練習する 
本番で緊張しないためには練習が一番。
練習をすると自信がつくので、緊張が少しはましになります。


今年は実習前に外出できないのでとくに不安になりやすいと思います。
実習前二週間は、実習で出会う子どものために使ってみましょう。
実習に不安を感じている皆さんの参考になれば幸いです。




モンテッソーリの空間や教具など2021/06/21

今日は保育原理でルソーやモンテッソーリなどの
思想を紹介する日、で思い出しました。
また下書きに入れっぱなしでした。

日本モンテッソーリ教育綜合研究所附属の 
子どもの家&小学部の主任教諭をされている
松尾博也先生より、ホームページ更新のご連絡をいただいていました。
紹介が遅くなってすみません。

子どもの家の保育室の環境の写真と
教具の使い方の動画が掲載されています。

福岡県の子どもの家の360度ツアーはこちら。

どちらも充実したページです。

理系のモンテッソーリが考案した教具には、
とくに操作遊び中心の1歳児クラスの子ども、
発達障害の子ども、
ギフティッド(天才児)、
家庭でしつけを受けられない子どもに
ぴったりの教材が揃っています。

モンテッソーリ教具には
小学校でも活用できる教材が多くあります。
家庭のモンテッソーリ商品は購入されているようですが、
教育機関にはなかなか広がりません。

ある保護者が「モンテッソーリとかやらないんですか?」と
幼稚園の先生に聞いたら「何ですか?それ?」と
言われたのだとか・・・う~んその回答は残念。

今日も学生たちと充実した学びの時間をつくりたいと思います。


写真はゼミ生がモンテッソーリ教具でつくった作品。
教具を組み合わせる発想はなかったかも。

森のようちえんが認定こども園に2021/05/27

4月26日・5月10日号の「游育」を読んでいると
嬉しいニュースが飛び込んできました。


長野県松本市の
「里山保育ひなたぼっこ」さんが、
令和3年4月から、
地方裁量型認定こども園になったそうです。
おめでとうございます。

幼児教育の無償化後、
森のようちえんや、公園での自主保育のような
自然の場を中心とした保育が、
ますます意識が高く経済的・時間的にゆとりがある家庭の
ものになってしまうのではと危惧していました。
この政策決定の背景には
保護者と関係者の努力があったものと思います。

記事によれば地方裁量型認定こども園は、
全国で82園あるそうです。
行政担当者の意識によっては、
地方裁量型認定こども園は良い方向に使えるのだと、
新たな学びをいただきました。

游育さん、いつも貴重な最新情報をありがとうございます。

内容を改訂しました2021/05/14

ついに三冊目の保育者の専門性、
5領域の体系化である「保育内容の展開」を出版します!
と書きたいところですが、
今は大変な編集作業をしていただいている途中です。
もう少々お待ちください。

代わりに、
「環境構成の理論と実践」改訂の
お知らせをします。

高山静子「改訂環境構成の理論と実践 保育の専門性に基づいて」 郁洋舎 2021

これまで一緒に本をつくってきた編集者が
昨年の状況のなかで出版社を立ち上げました。
独立ってどれほど勇気がいることでしょう。
応援企画といっては何ですが、
改訂版を郁洋舎さんから出版しました。

改訂で意識したのは、
「園内研修や授業内での
短時間での読み合わせのしやすさ」です。

学生は、私が講義ばかりすると
学び続ける専門職としての学び方を身に着けにくい。
集合研修に参加し、一人で本を読んでも
チームの質上がりにくい。
園内で振り返りや話し合いを重ねても、
古い知識のままでは保育は変わりにくい。

園内やクラスで読み合わせをして、
新しい知識、学びを元に保育を議論する、
専門職としての主体的な学び方、
短時間や週に数回だけ働く保育職員も含めた
チーム全体の知識をアップデートする
そんな学びを推進する教材としての使いやすさを考えました。

本を使った園内研修を続けてきた園が
今度、保育の変化について発表されると伺いました。
とても楽しみです。


12-0774-0901 12-0774-0901 11-0634-0101【人気 おすすめ 業務用 販売 通販】 【まとめ買い10個セット品】シンビ メニューブック 京-1(大) 茶【 メニュー メニューカバー おしながき お品書き メニュー表 献立表 クリアファイル メニューファイル メニュー帳 メニューブック 業務用 】 【ECJ】2021/04/02

4月1日、サバティカルを終了して復帰しました。
大学と、同僚の先生方に心から感謝。
本当にありがたいことでした。

4月から大学がキャンパスを引越したため、赤羽台キャンパスへ通勤します。


予測不可能な変化の激しい時代に向かって
保育同様、授業も変わらなければ、
と書いていたら、ご飯が焦げました。(鍋で炊いてます)

ICT活用の授業コンテンツづくりは、保育者の学びの素材にもなりそうです。
その気持ちでがんばってみます。

一斉保育と自由保育、環境を通した保育2020/11/06

7キロも太ってしまいました…。完全に歩き不足、運動不足です。

研究に専念する一年、ブログは控えて…と思っていますが、

どーしても書きたい!書かせて下さい。


今、研究でまとめているのが「保育内容」です。

それも大人が意図的に提供する文化を中心に研究しています。

 

環境構成は、保育を大きく変えます。

しかし環境さえあれば、すべてOKというわけでもありません。

とくに発達に偏りがある子どもや、家庭での経験が不足している子どもには

保育者が意図的に行う活動の影響は大きいですね。

 

4月から気になっているのが「一斉保育」という言葉。

私の研究は、「一斉保育」を研究するものだと誤解されがちなのです。


その背景には「一斉保育」か「自由保育」かという二項対立図式があるようです。

 

「一斉保育」と呼ばれる園は、

保育者が望ましいと考える活動をさせる一斉活動中心の園。

「自由保育」と呼ばれる園は、

ブロックとままごとなどの意図のない環境で自由に遊ばせる園。


以前はそのどちらかが圧倒的多数でしたが、

平成元年に「環境を通した保育」が示され、

保育者が意図的に環境を選び、構成する保育へと移行してきました。

 



一斉保育の園は、まだ環境を通した保育に移行していないことが分かりやすいですが

子どもの主体的な活動を中心としているけれども環境構成を行っていない

自由保育の園もまだ多いと思います。


その意味では、現実的な割合で図を描くと、

以下の図が正確かもしれません。





「環境を通した保育」は、「一斉保育」とも「自由保育」とも違います。

また要領や指針には、一斉保育や自由保育は使われていません。


教育界は、経験主義か系統主義かといった二項対立から、

バランスの良い方向へと進んできました。

保育界もこの二項対立から脱したいものです。

 

環境を通した保育を行う園にあるのは、

○「子どもが主導する活動」か「保育者が主導する活動」か。

○「集団で行う活動」か「個別の活動」か

○「生活の場面」か「遊びの場面」か「課業の場面」か

それらが混在しているかです。



環境を通した保育では、

保育者の意図のこもった環境や文化に子どもは影響を受け、

その意味では完全な自由ではなく、

一斉であっても子どもは自由意志で参加をしているため

「一斉活動」か「自由活動」かと呼ぶのは適切ではないと思います。

 

子どもが主導する活動は、環境構成で非常に活発になります。

しかし環境を通した保育のなかにも、保育者が主導する活動もあります。

今回の研究には保育者が主導する活動の部分も多く含まれます。

 

ご意見をいただき11月9日に内容を修正しました。

K先生、いつもありがとうございます。

研究のまとめに協力いただく先生方、どうぞよろしくお願いいたします。


宮古島で保育士募集ツアー2020/07/30

沖縄タイムス(2020年7月28日)の記事に、気になるツアー募集がありました。
各回5名限定らしいですが、保育士の新しい募集方法としておもしろいですね。
ちなみに、沖縄移住相談会を開いている「おきなわ島ぐらし」なんてサイトもありますよ。

「保育士さん 宮古島に来て」 9月移住体験ツアー、参加者募る



以下記事より転載します。

宮古島市法人保育連盟(金谷福代会長)は、慢性的に不足している保育士の確保を目的に「第1回保育士移住体験ツアー」を924日~26日に実施する。対象者は保育士資格がある(または取得予定で)宮古島での生活や離島での保育に関心のある人。現地での移動や宿泊、体験費は無料。県内外から幅広く参加者を募集している。応募締め切りは810日。第2回ツアーは1217日~19日に実施予定で、応募締め切りは111日。応募方法はいずれも同ツアーのホームページで申し込みフォームに必要事項を入力して申し込む。金谷会長は「この機会に多くの人に参加してほしい」と呼び掛けた。(沖縄タイムス 2020.7.28)


免疫力を高めるをテーマにしたお便り2020/06/05

ほとんどの園が再開しましたね。

この暑さのなかで、マスクをして園庭で動き回る先生方が心配です。
マスクをしての運動は危険。熱中症の危険性も高まります。
子どもにも運動量が高い活動では、マスクを外すように促すと思います。
園庭では、保育者もマスクを外すことが必要です。

もしも「先生は絶対にマスクをしてください」と、保護者から意見が出るようでしたら、
海外の園のように、園庭にビーチパラソルを立てて
保育者はアイスティーを飲みながら、座って子どもたちを見守るのはどうでしょうか。
マスクをするのであれば、保育者は走り回らないこと。
先生方が健康を崩したら、園の保育は成り立ちません。
健康第一です。


さて園長先生方より、保護者向けにお便りを頻繁に出しているとお話を伺い、
私も、保護者向けに「お便りの案」を書いてみました。
(スキャナーが今使えず見にくいですね。すみません)


【親子ともに、病気に負けないための10のポイント】
①早く寝る、②腸によいものを食べる、③消毒、殺菌しすぎない、④疲れすぎない、⑤水分補給、
⑥換気、湿度、⑦日光にあたる、⑧体を冷やさない、⑨動く、外で遊ぶ、⑩笑う、うたう

他の保護者向けのお便りの下書きはダウンロード用のページにあります。

ご参考まで。

ところで、保育者に「園庭でもマスクをして」という保護者や、
子ども同士がじゃれあう姿を見て「密になっている」と怒る保護者は、
子どもと外で遊んだ経験がなく、家でも関わっていない可能性がありますね。
要観察かもしれません。

感染リスクを下げる行動のチェックリスト2020/05/13

保育園では、感染防止対策は常日頃から行われていますが、休園措置が行われる感染症は初めてのため、改めて厚生労働省の通知を読み直した人も多いと思います。私もそう。「保育所における感染症対策ガイドライン」(2018)を土台に保育の視点を加え感染防止の行動をチェックリスト形式で作成してみました。

 

【保育所・認定こども園の感染拡大を防止する行動のチェックリスト】 


 A 園長・副園長による環境づくり

o  クラス、トイレ、職員室等、各場所で換気の時間や、状況(~の後等)を決めて掲示し実施している。又はいつも窓を開けている。

o  各クラスには温度計・湿度計があり、季節による適切な気温や湿度が掲示されている。

o  口に入れる乳児の玩具は、洗浄交換用に同じものを複数準備している。

o  固形石けんは共有となるため、液体石けんを使用している。

o  子どもも保育者も、紙タオルまたは個人持参のタオルを用いている。

o  オムツ交換は一定の場で行えるようにオムツ交換台等が整えられている。

o  交換は段取りよくできるように物が整備され配置されている。

o  交換後のオムツは密閉できる容器に保管し保育室内のロッカーには持ち込まない。

o  マスク、消毒薬等、感染防止に必要なものが確保されている。

o  嘔吐物や排せつ物等の処理等を行う際に使える使い捨て手袋が準備されている。

o  保育者は、感染症流行時にはマスクをして保育をすることができる。

o  保育補助者や短時間職員にも感染拡大防止行動を文書で説明している。

o  必要に応じて、部外者の保育室、園内への立ち入りを制限している。

o  外部の人と接する事務職員等は、感染症流行時にはマスクをつけている。

o  行事は子どもに必要な行事にとどめ、保護者に見せるための行事は行っていない。

o  保育者は壁の飾りつけ、必要性の低い計画や記録、報告等で残業や持ち帰りを行っていない。

o  職員は、休日出勤や残業の振替休日、時間休をとることができる。

o  職員は、体調が悪いときに休みをとることができる。

o  園長・副園長と職員は、感染リスクの高い場所や行動を共有し、情報を更新している。

□保育室は、保育者がゆとりをもちていねいな指導ができる物的環境を整えている。

□保育室でも、園庭でも保育者と子どもが水分補給を行える環境を整えている。

 

B 保育者(クラス担任)による時間的な環境づくり、子どもへの指導

o  子どもを一斉にトイレに行かせ、並んで待たせるなどの混み合う方法をとらずに、子どもが排せつしたいときに排せつができるようにしている。

o  保育の合間に、子どもを壁に並ばせて待たせたり、立って並んで待たせたりしていない。

o 一人ひとりに丁寧に指導ができる物的環境と時間の環境をつくり、ゆとりのある保育を行っている。

o  012歳児は一人ひとり排せつを誘い、手洗いまでていねいに指導を行っている。

o  子どもに感染症や病気について分かりやすく説明している。

o  子どもに免疫力や抵抗力を高める生活習慣について説明している。

o  子どもに咳エチケットの必要性を説明し、やり方を見せている。

o  子どもに鼻水の意味を説明し、かみ方をていねいに見せたり指導したりしている。

o  子どもに手洗いの意味を説明し、適切な手洗いの方法を見せ、個別に指導している。

o  オムツ交換は、交換後の消毒も含めて手順が保育者同士で共有化されている。

□子どもがのどが渇いたときにいつでも水分がとれるようにしている。

 

C 保育者・保育補助者の手洗い、身支度等

o  保育に入る前後、食事前、調乳前、配膳前、トイレの後、おむつ交換後、嘔おう吐物処理後、子どもの鼻をかんだ後等には、液体石けんを用いて流水でしっかりと手洗いを行う。

o  母乳は血液を取り扱うと捉えて慎重に取り扱っている。

o  オムツ交換や鼻をかんだ後など手を洗う前に、髪の毛や顔、洋服をさわらない。

o  髪の毛をかきあげるなど髪をさわる必要が生じる髪型は、ゴム等でまとめている。

o  爪は短く切っている。保育中は指輪をしていない。

o  調乳時、食事介助時は、遊びで着用していないエプロン等を着用している。

o  保育者は咳エチケットを理解し、マスクをつけている際にも遵守している。

 

D 保育者と保育補助者、清掃担当者による清掃

o  遊具は、水(湯)洗いや水(湯)拭きを行う。

o  乳児がなめた遊具は、湯等で洗い流して干す。

o  尿、糞便、嘔吐物、血液等で汚れた箇所、その他必要な個所は消毒を行う。

o  トイレは、ドア、ドアノブ、蛇口、サンダル等も清掃する。

o  砂場は、定期的に掘り起こす日を決め、砂全体を日光によって消毒する。

o  感染症が流行している時期は、職員や外来者が共通して使用する場所・物を消毒する。

 

E 園長・副園長・主任等による保護者との連携

o  入園前に、ケガや感染症のリスクについて保護者に説明している。

o  入園前に、発熱等体調不良時の利用はしないように保護者に文書で説明している。

o  代わりの保護者がいない家庭に、ファミリー・サポート・センター等を紹介している。

o  SNS等で緊急連絡網を整備し、保護者に速やかに連絡ができるようにしている。

o  保護者からの相談を受けている(=保護者から信頼されている)。

o  感染症防止に関する国、市区町村の通知等の情報を分かりやすく保護者に伝達する。

o  感染症流行時には、園長より保護者に感染防止行動についての文書を出している。

o  休園、登園自粛等に関する文面を準備し、必要なときに保護者に出している。

 

とはいえこの全部ができていても、保育園の感染リスクはゼロにはできません

お母さんは勤務でお父さんと1歳、3歳の子どもは自宅待機の家庭で感染リスクをゼロにできないように、保育のプロ集団でも感染リスクを下げることはできても、ゼロにすることは不可能です。